中医美容

はじめに

美容の第一のポイントは何でしょうか。美容上の根本的な問題は、内面的な精神状態や健康状態が目つきや表情に現れるということです。

イライラして怒りっぽい目つきをしている人や、頭痛がして、気むずかしい表情をしているような人には、例え、きれいな人であっても、近寄りたくないものです。

お世辞にも美人とは言えないような人であっても、明るくて、とても魅力的な印象がして人気のある人がいます。また、美人タイプの人であっても、暗くて、冷たい印象がして、敬遠されがちな人もいます。

外見上の、あれこれの部分的な美容の問題が一般的には注目されますが、健康的で、やさしい心を持っているかどうかが、美容の本質です。されど、外見上の気になるところを何とかしたいと誰もが思うのも無理からぬことです。

中医学では、心と体をセットにして人間まるごと治療する体系になっていますので、身体、心、美容の治療も、同時に、まとめて治療することになります。

美容に関する具体的な治療法は、表示法である局所的治療で、持続的効果を発揮できるというものは限られています。

魅力的な表情にしてほしいからと言って、顔面に、いくら鍼を刺しても意味がありません。顔面の表情の問題であっても、それは結果であり、原因はストレスによる精神的緊張や不安定、あるいは、体調不良であったりします。

原因に対して治療をする必要があります。それには、ストレスを解消し精神的安定感を取り戻す、あるいは、体調を整えるという全身的観点からの治療をします。

表情の問題に限らず、痩身、美顔、美乳、体型の問題についても、局所的な問題であって、局所治療が効果的な場合は局所に刺鍼することもしますが、心や身体の病気、老化の問題等がより根本的原因になっている場合は、局所治療をすることよりも、これらの原因に対する治療がより大切です。

原因に対する治療では、専門的な言い方になりますが、弁証取穴をして補瀉手技をします。

弁証取穴はツボの位置も局所ではなく、ほとんど遠隔取穴になります。そんなわけで、顔面に一本も刺鍼することなく、美顔の治療をする場合もあります。このような治療法は、原因に対する根本的な治療にポイントを置いていますので、顔面や局所に、山のように鍼を刺す治療法よりも、治療効果も高く、根治する可能性もあります。

 

湿熱証

1インポテンツ、前立腺、頻尿、慢性腎炎
2慢性的疲労感、禿げ、アルコール中毒

3花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性の喘息、慢性鼻炎とアレルギー体質

4帯状疱疹、頭重、梅雨や台風の影響による全身的重だるさ

5脊柱官狭窄症、足腰の重だるさと熱感

6黄斑変性、飛蚊症、目やに

1~6の疾患や症状は、一見、関連性がなさそうに見えるが、全てが、中医学でいう「湿熱証」である。

湿熱証の病因の第一は、湿熱の原料である酒の飲み過ぎである。また湿邪の原料となる甘いもの、脂っこいもの、生もの等のとり過ぎもよくない。湿熱証の治療に不可欠なことは、過度の飲酒や食事内容に気をつけることである。

湿熱証の共通穴は陰陵泉であり、さらに症状や病の程度により、内庭、足三里、豊隆、中脘、中極、各経絡の五兪穴の体重節痛を主る兪穴等を必要に応じて追加取穴する。

 

症例1インポテンツ、前立腺肥大、頻尿、慢性腎炎

上記の4つの病気や症状の病因と治療法は、ほとんど同じである。

弁証は、半世紀ほど前までの食量難で栄養不良の時代には、腎陽虚証が一般的であったが、飲み過ぎ、食べ過ぎの現代では、弁証は下焦湿熱証が一般的である

下焦湿熱証の取穴は、陰陵泉、中極、次膠、さらに中脘、水分、足三里を追加取穴しても良い。

手技は、程度に応じて、30秒~2分間の手技を30分間に2~3回の瀉法を行う。

治療効果は、インポテンツでは、即効性が見られることが多く、飲酒、食事に気を付けて、週に2~3回の治療を数週間続けると治癒する可能性が大である。

慢性腎炎の弁証は腎陽虚証、脾気虚、下焦湿熱証があるが、現代では、圧倒的に下焦湿熱証が多い。慢性腎炎の治療では、腎炎そのものが、にわかに治癒するわけはないが、腎炎に伴う諸症状は、驚くほど改善することがある。透析を始める直前の段階まできている場合は厳しいが、その前の段階であれば、腎炎そのものも改善されてゆく可能性もあり、透析をしなくて鍼治療でコントロールできる場合がある。

 

症例2 慢性的疲労感、やる気が出ない、眠たい、頭重、まぶたが垂れ下がる

慢性的疲労感は気虚証によるものと考えられてきたが、飲み過ぎ、食べ過ぎの現代では、湿熱証の実証タイプの方がはるかに多い。このタイプの症状は、酒を飲み過ぎて全身的に、けだるい感じがして何もしたくないという状態に似ている。このタイプの人は、ゴロゴロして休んでいても症状は好転しない。むしろ適度の運動をして汗を出すなどして発散させた方が楽になる。

湿熱証タイプに対する取穴は陰陵泉、足三里、豊隆、中脘、頭維、四紳聡

 

症例3禿げ

禿げのタイプは、老化現象である腎虚証、中気下陥(脾の昇清作用の低下)、気血不足、肝欝気滞瘀血(瘀血証)、肝胆湿熱証がある。

老化現象の腎虚証による禿げは、男女を問わず、老化に伴うものであるので、病的禿げとは言えないが、腎虚証の治療すれば進行を遅らせることができる。さらに細くなり弱々しそうになった髪の質が一本一本しっかりしてくるので、髪の本数が増えなくても、禿げが目立たなくなる。

円形脱毛症はストレスによる肝欝気滞瘀血タイプであり、良く見かけられる。肝欝と局所の治療をすることで、良好な結果が出る。

中気下陥、気血不足による禿げは、頭部に栄養が届かず禿げるタイプである。気血を補い、頭部に栄養が届くようにすれば、やがて髪が生えてくる。

現代で、もっとも多い禿げのタイプは、肝胆湿熱証である。この証は、頭部が熱くて汗が多い。比喩的な表現をすれば、お湯で毛根が蒸されて髪が抜けるということになる。

湿熱の原料であるアルコール等を控えること、ストレスの発散解消をすることが養生法のポイントになる。

肝胆湿熱証の取穴は、陰陵泉、足三里、中脘、太衝、期門、丘墟、風池、百会、頭維、四紳聡 肝胆湿熱証そのものが好転してきたら、禿げの方も好転し始める。

 

症例4花粉症

アレルギー体質による花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性の喘息、アレルギー性の慢性鼻炎に共通するものは湿熱証と衛気不固である。

花粉症で、鼻から出てくる大量の生温かい鼻水は、脾胃で作られ、肺に貯まっていた湿熱邪である。

涙は脾から肝に移行した湿熱邪が眼から溢れ出てきたものである。

湿熱証タイプの人は、脾胃で作られた湿熱邪により脾の昇清作用が阻まれる湿熱中阻になる。その結果、肺に栄養が届かなくなり、肺気不足、衛気不固になる。

衛気不固タイプの人は、自動車の排気ガス等がくっ付いた花粉や黄砂等の外邪に侵襲されやすく花粉症を発症する。このような湿熱証と衛気不固がない人は、外邪に対する防御作用が働いているので花粉症にはならない。

治療はアルコールを始めとして湿熱邪の原料となるような食物を控えることが養生法のポイントである。

花粉症の鍼治療は、脾胃湿熱証に対しては陰陵泉、豊隆、さらに、足三里、内庭、中脘、水分、中極を必要に応じて追加取穴する。

鼻水には、標示法として上星と列缺の瀉法、肺兪の先瀉後補。 涙には、太衝、風池

鼻水鼻ずまり。

涙の治療は即効性があるが、病院の薬を服用していると、鼻づまりの治療に対しては無効の場合がある。

花粉症はアレルギー体質が元にあるので、アレルギー体質が改善されない限り、簡単に治癒することはない。

しかし、アレルギー体質は湿熱証と衛気不固であるので、鍼治療で、湿熱証と衛気不固が改善されると、花粉症も臨床的治癒する。現代医学では、一度、花粉症になれば、花粉症は治癒することはないということになっているが、鍼治療で、臨床的治癒は可能である。

 

症例5アトピー性皮膚炎

花粉症は、湿熱邪が鼻水、涙として溢れ出てくるが、アトピー性皮膚炎は、湿熱邪が皮下に貯まる。

また衛気不固もあるので、乾燥した冬季は風邪に先導された燥邪に侵襲され、皮膚表面はカサカサに乾燥して耐えがたい痒みになる。一方、皮下は湿熱邪でジクジクしている。

夏季は、暑邪に侵襲されて皮膚表面が、熱感を伴ってジクジクして耐えがたい痒みになる。また皮下も湿熱邪でジクジクしているので、熱いお湯につかっているような感じになる。

痒みの治療は、合穴の曲池を取穴して去風する。約2分間の瀉法の手技を、30分間の置鍼時間中に、2~3回、施す。痒みに対しては曲池1穴で即効性がる。また、三陰交、血海、膈兪等を取穴して活血すると、風邪が滅び痒みが消える。

アトピー性皮膚炎の湿熱証の治療は、上記してきた疾患の取穴に順じたものになる。

また長期化した場合には、陰虚湿熱証になることがある。その場合は復溜を取穴する。

またストレスが加わると症状が悪化する。そのような場合は、太衝、内関、風池、百会を追加取穴する。

経過が長く重症のもの、花粉症、アレルギー性の喘息等を併発しているアレルギー体質の強いタイプの人は、治療は長期間になるが治癒することがある。

 

症例6帯状疱疹(ヘルペス)

ヘルペスは、現代医学の治療で、見た目には、きれいに治るが、神経痛が後遺症として残り、痛みが解消されないことがある。鍼灸で治療すると、神経痛が残ることがなく完治する。

ヘルペスの治療は鍼灸の適応症である。

ヘルペスは、湿熱証であるので陰陵泉を取穴する。肝胆湿熱証の場合は、体重節痛を主る兪穴の足の臨泣、中渚、太衝で去湿する。さらに、局所の状態に合わせて、梅花鍼を使うか、鍼で線状に、あるいは面に散鍼を施す。

 

症例7脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症には、いくつかのタイプがあるが、共通していることは下焦湿熱証である。

下焦湿熱証の取穴は後谿の運動鍼、委中、陰陵泉、中極、次膠、局所取穴である。

腎虚証があるタイプには補腎する。腎気虚、腎陽虚、腎精不足には太谿、腎兪、懸鐘、 腎陰虚には、復溜、腎兪、懸鐘を取穴する。

病気の経過が長く重症のものは治療期間も長くかかるが、一般的には、短期間の治療で臨床上の治癒をすることが多い。

 

症例8黄斑変性、飛蚊症

黄斑変性、飛蚊症は共に、肝胆湿熱証である。老化が進行したり経過が長くなった場合は陰虚湿熱証になる。

肝胆湿熱証の取穴は、陰陵泉、太衝、光明、風池、天柱、攅竹から睛明に透刺、絲竹空から太陽に透視、 肝腎陰虚には、曲泉、復溜に5分間以上の補法

黄斑変性、飛蚊症のいずれも、週に2~3回の集中治療をすると、はっきりとした治療効果をやがて確認できるようになる。

瘀血証(おけつしょう)

1.  交通事故、労災事故、スポーツ等による骨折や外傷による傷害の外科手術後のリハビリは、通常のリハビリの必要がないくらい鍼治療で驚くほど短期間に回復させることができる。

2.  乳癌、子宮癌の外科手術での癒着による引きつり、痛み、浮腫や卵巣嚢腫の手術の後遺症である不妊症、その他の外科手術全般の後遺症は鍼治療の得意分野である。

3.  ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、五十肩、肩こり、捻挫、打撲、突き指、腱鞘炎

4.  心筋梗塞、きりきり痛む胃痛

5.  目の周りにできるクマ、顔面のくすみ

6.  生理痛

上記の1から6の疾患や症状は、何の関連性もないように見えるが、中医学的解釈では、全てが血の流れが停滞しているという意味の「瘀血証(おけつしょう)」ということになる。

瘀血証(おけつしょう)の治療は行気活血の治則になり、取穴は間使、三陰交。手技は瀉法で、程度に応じて30秒から2分間の手技を約30分間の置鍼時間中に2~3回行う。

このような瘀血証(おけつしょう)に対する共通した治療で、上記した疾患や症状を治療することができる。さらに、各疾患や症状に応じて、局所取穴や井穴の取穴、郄穴の取穴、弁証取穴、特効穴等を用いることがある。さらに、耳ツボ、頭皮鍼、眼鍼が効果的なことがある。

 

症例1 乳癌で乳房の全摘手術の後遺症として、局所のひきつれ、違和感、重度の浮腫

取穴 間使、三陰交、陰陵泉、尺沢、(瘀血には、間使、三陰交、湿邪の停滞による浮腫の治療には肺の宣発粛降作用、脾の水湿の運化作用を運用する必要があり、尺沢、陰陵泉、豊隆を取穴)さらに、 耳ツボの乳腺、神門、肝、脾、胃、肺を取穴

この治療には、軽度のものは一回、重度のものは4~5回の治療が必要である。

 

症例2 卵巣嚢腫の手術の後遺症で、卵管が癒着して不妊症

手術による卵管の癒着は瘀血証(おけつしょう)に相当するので、間使、三陰交の取穴。さらに卵管の癒着部位は、解剖学的には、奇穴の子宮穴の付近の圧痛点になるので、そこに局所取穴するとよい。4~5回のシンプルな治療で卵管の癒着が解けて、妊娠可能の状態になり、その後、赤ちゃんと、ご対面できたこともある。

 

症例3 労災事故で5本の指を切断、指は手術をしてくっついたが、指が全く動かず、氷のように冷たく、感覚がない。通常のリハビリの効果はゼロであった。

取穴は間使、三陰交、各指の井穴、耳ツボの指、神門、頭皮鍼の手に相当する部位

治療は2回に分けて、2日連続治療、計4回の治療で職場復帰して仕事ができるまでに回復した。

 

症例4 眼の周りの目立つ青色のくま

ストレスが原因の肝鬱気滞瘀血による「くま」

取穴は、間使、三陰交、太衝、さらに、八卦の理論による眼鍼療法の肝の区域に刺鍼 数十分間の置鍼後には、あまり目立たない程度の薄いくまになった。

 

症例5 ぎっくり腰

ぎっくり腰は劇症タイプの腰痛で、よく見受けられる。

鍼治療の臨床効果が高いので、迷わずに来院してください。

取穴は間使、三陰交。また、後谿の運動鍼による治療で完治する場合が多い。鍼が怖くて、嫌だという人には、耳ツボの反応点と神門に正確に取穴すると、耳ツボだけでも、高い治療効果を出すことができる。

 

症例6 五十肩

本格化した五十肩は、夜間痛もあり、数年間くらい厳しい状態が続くことが多い。

鍼治療では、局所のツボに灸頭鍼をするのが一般的治療法であり、その効果は標準的なものである。

当治療院での治療法は、陽明胃経の足三里の下1寸(陽明大腸経の肩髃の痛み)、太陰脾経の三陰交(瘀血が強いタイプ、太陰肺経の肩前の痛み)、太陰脾経の陰陵泉(湿邪が強いタイプ、太陰肺経の肩前の痛み)、太陽小腸経の後谿(太陽小腸経の肩貞や天宗の痛み、頚部の督脈、太陽膀胱経に反応がある)の運動鍼。さらに、耳ツボに相応する局所のツボ、神門を取穴。この治療法は、即効性と治療効果の持続性があり、完治する期間を大幅に短縮できる。

「肩こり」の治療も、五十肩の治療に順じて行うことができる。

症例7 生理痛

生理前に痛みや症状が出るタイプは実証である。実証の生理痛には、内関あるいは間使、太衝、三陰交を取穴し、瀉法を施す。また、内関一穴でも、生理痛の治療はできるが、全体的な症状等を総合判断すると、3穴で治療した方が良い場合が多い。

適応疾患の中医学的解説と治療内容

「低血圧症」「嗜眠」「「めまい」「無気力」「慢性的疲労感」「自汗」「眼瞼下垂」「顔面のたるみ」「乳房のたるみ」「胃下垂」「脱腸」「脱肛」「子宮下垂」等の諸症状は、全て中医学でいう「脾の昇清作用の低下」「中気下陥」と言われる下垂傾向に伴う病証として捉えて、現代医学の病名や症状、あるいは、何科であるか、美容の範疇になるかどうかに関係なく、下垂傾向に対する治療をすることで、一括治療できる。
また、このような病名や症状に対しては、種類に関わらず、同様の治療をすることができる。
このような病気や症状は全て「脾の昇清作用の低下」あるいは「中気下陥」という中医学的診断である「証」になる。治療穴は、この証に対応する百会、足三里、合谷になる。手技は、各穴に5~10分間の補法
この様な治療をすると、手技を終えたころには、はっきりと好転しはじめたことを確認できる。もし即効性がでなければ、診断を間違えた、取穴位置が正確でなかった、得気が取れていなかった、補瀉手技が適切でなかったということになる。
軽症であれば、一回の治療でよくなることもあるが、慢性で、重度の場合は、治療後しばらく良好な状態であっても、後戻りすることがあるので継続治療が必要になる。

症例 35歳の女性

主訴 数年前から、低血圧に伴う頭の血が下がるような中程度の目眩、随伴症状として嗜眠傾向、自汗、眼瞼下垂、顔面のたるみ、疲労倦怠感、無気力感

取穴は百会、足三里、合谷、手技は各穴に5分間の補法、4回の治療で、ほぼ治癒

4回目の治療の際、耳ツボの脾、升圧点正確に取穴(誤差は1ミリ以下)した。漢方薬の種を、強い圧痛が出る点に微調整しながら絆創膏で貼り付けた。その直後に、頭顔面部が温かくなって、頭の中に血が満ちてきた感じがした。めまいぽっさがなくなり、頭がすっきりし、顔色が明るくなり、眼もよく見えるようになった。