痩身(減肥)

1痩身の目標

ファッションモデルのようなスリムな体型にあこがれている人が多いかもしれないが、それは、現代社会の固有の文化的背景の中で形作られた体型のイメージにしかすぎない。時代や国によって、その理想的体型は大きく異なる。
中医美容では、現代社会の中で規格化された体型を標準にして治療することはしない。
各個人の体質や健康状態を考慮して、その人の個性に見合った痩身の目安を設定すべきである。
あえて減肥治療をする必要がないと思われる健康的な体型の人が、ファッションモデルのような体型を希望される場合には、それが技術的に可能であっても、無理に痩せさせるような治療になることもあり、健康上、薦められない場合もある。

 

2減肥治療の現状

具体的な治療法としては、痩せたい部分に刺鍼して、電気的刺激(エステの場合はもみほぐす)によって局所の水はけを良くして局所の部分痩せをさせる。このような方法が一般的ですが、この方法により脂肪が分解して本格的に痩せるということは、あまり期待できない。
運動をして筋肉を使うことで脂肪が消費されるのであって、刺鍼してパルスをかけたり、(エステで揉んだりしても)、脂肪を分解させて、本格的に痩せさせるということはむつかしいようである。
この方法で、見かけ上、一時的に水はけがよくなって痩せるが、治療をやめると、元の体型に戻ってしまうことが多い。

 

3肥満の原因に対する治療 

肥満の主な原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎと運動不足とストレスにあると言える。
過食は、単純に習慣的な場合と、食べたり、飲んだりすることで、欲求不満やストレスをまぎらすためという場合がある。後者は、やけ食い、やけ酒の範疇になる。これに対しては本人の努力でストレスを克服することが第一であるが、そう簡単にできるものではない。
また、食事制限やアルコールの摂取を制限する必要があることは、本人も、よく自覚している筈であるが、それを実行することは、なかなかむつかしい。
鍼治療で、精神安定をはかり、生理的にも我慢しやすくすることで、本人が食べ過ぎ、飲み過ぎに対して自己抑制しやすいように援助することがカギである。

  1.  ストレスが原因で、肝気犯胃になると、やけ食い、やけ酒タイプになりやすい。肝火が発生して、それが胃に飛び火すると、胃火が起こり、胃火により消化力がアップするので、食べ出すと止まらなくなる。
    必要以上に食べ過ぎた分は、痰湿となって皮下に貯まって肥満になる。
    肝気犯胃による異常食欲の治療は、太衝、中脘、内庭を取穴し、瀉法を施す。
    さらに頭鍼療法の胃区(実質上は中焦の肝胆脾胃の治療ができる)に刺鍼して雀啄の瀉法を施す。このような治療で、精神が安定し、異常食欲も落ち着き、食養生がしやすくなる。
    頭皮鍼による治療を単独で行ってもよい。
  2. 痰湿による肥満の治療は、内関、豊隆、陰陵泉、水分、天枢、足三里、中極を取穴し瀉法を施す。この治療で、脾の水湿の運化作用がよくなり、皮下に貯まっている痰湿  が除かれて、治療直後に、全身的に引き締まった細身になる。
    肝気犯胃証と痰湿証の取穴を結合させた治療を継続すれば、肥満症の根本的治療も可能である。
  3.  さらに、減肥治療には、耳ツボ治療の、飢点、胃、肝、神門、興奮点を取穴する。
    興奮点は、筋肉運度による脂肪の消費量をアップさせる効果が期待できるので、減肥の運度療法の効率が良くなる。
    特に痩せたい部分(たとえば、お腹、ふくろはぎ)があれば、耳ツボの腹、腓腹筋点を追加取穴する。
    飲酒を制限したい人には、耳ツボの酔点を追加取穴する。
    耳ツボによる治療は、即効性があり、また、治療を毎日、継続しているのと同じことになるので治療効果が良い。
    耳ツボ治療を単独で行っても良い。
  4. 胃熱が大腸に作用すると、便が乾燥して便秘しやすくなる。また、顔面部は胃経が走行しているので、胃熱の作用で顔面に吹き出物ができり、歯茎の出血や口内炎、さらに、顎関節症を起こすこともある。
    これらの病気や症状の治療は、異常食欲の治療である肝気犯胃の取穴と同になる。

中医美容

はじめに

美容の第一のポイントは何でしょうか。美容上の根本的な問題は、内面的な精神状態や健康状態が目つきや表情に現れるということです。

イライラして怒りっぽい目つきをしている人や、頭痛がして、気むずかしい表情をしているような人には、例え、きれいな人であっても、近寄りたくないものです。

お世辞にも美人とは言えないような人であっても、明るくて、とても魅力的な印象がして人気のある人がいます。また、美人タイプの人であっても、暗くて、冷たい印象がして、敬遠されがちな人もいます。

外見上の、あれこれの部分的な美容の問題が一般的には注目されますが、健康的で、やさしい心を持っているかどうかが、美容の本質です。されど、外見上の気になるところを何とかしたいと誰もが思うのも無理からぬことです。

中医学では、心と体をセットにして人間まるごと治療する体系になっていますので、身体、心、美容の治療も、同時に、まとめて治療することになります。

美容に関する具体的な治療法は、表示法である局所的治療で、持続的効果を発揮できるというものは限られています。

魅力的な表情にしてほしいからと言って、顔面に、いくら鍼を刺しても意味がありません。顔面の表情の問題であっても、それは結果であり、原因はストレスによる精神的緊張や不安定、あるいは、体調不良であったりします。

原因に対して治療をする必要があります。それには、ストレスを解消し精神的安定感を取り戻す、あるいは、体調を整えるという全身的観点からの治療をします。

表情の問題に限らず、痩身、美顔、美乳、体型の問題についても、局所的な問題であって、局所治療が効果的な場合は局所に刺鍼することもしますが、心や身体の病気、老化の問題等がより根本的原因になっている場合は、局所治療をすることよりも、これらの原因に対する治療がより大切です。

原因に対する治療では、専門的な言い方になりますが、弁証取穴をして補瀉手技をします。

弁証取穴はツボの位置も局所ではなく、ほとんど遠隔取穴になります。そんなわけで、顔面に一本も刺鍼することなく、美顔の治療をする場合もあります。このような治療法は、原因に対する根本的な治療にポイントを置いていますので、顔面や局所に、山のように鍼を刺す治療法よりも、治療効果も高く、根治する可能性もあります。

 

写真で見る駅からのルート【築地駅】

築地駅からの案内

3番出口(階段)から治療院まで ※治療院最寄り出口です。

3番出口を出るとすぐ目の前にみずほ銀行ATMコーナーが在りますので、そちらに向かって直進してください
  右手奥にITOKI、目の前に橋がありますが、橋を渡らず左折してください。
  そのまま直進。最初の交差点を右折し橋を渡ってください。すぐに治療院が見えてきます。

 

1番2番出口(エレベーター有り)から治療院まで

  築地本願寺方面改札に向かってください1番出口のエレベーターを降りるとすぐ目の前に交差点が見えます。

交差点を横断してドトール脇の道を直進してください

   交差点右手奥に三菱東京UFJ銀行が見えてくるので右折しそのまま直進してください
   橋を渡るとすぐ目の前に治療院があります

※銀座・霞ヶ関・中目黒・菊名方面(1番3番出口)
1番出口は先頭車両、3番出口は末尾車両が改札目の前です。

※上野・北千住・東武動物公園方面(2番4番出口)
1番出口は末尾車両、4番出口は先頭車両が改札目の前です。

写真でみる駅からのルート【新富町駅】

新富町駅から

1番出口(エレベーター有り)から治療院まで

新富町駅で下車したあと、中央区役所方面改札から出てください。
エレベーターを降りると右手に交差点があります。