「弁証取穴の基礎」気、火、血、津液、陰虚、陽虚の病の病因、症状、取穴3

「弁証取穴の基礎」

気、火、血、津液、陰虚、陽虚の病の病因、症状、取穴3

 

1 気病の病因、症状、取穴 

  1. 気虚
    病因 飲食不節による気の生化不足、過労、慢性病、先天の気の不足、老化、
    症状 顔色淡白、息切れ、自汗、倦怠感、眩暈、風邪を引きやすい、少食、運動すると症状が悪化しやすい、舌淡胖大、白厚苔、脈診 細、無力
    取穴 太淵、太白、足三里、気海、脾兪、胃兪、大谿、腎兪等
  2. 気陥(中気下陥)                 
    病因 気虚の原因にプラス極度の過労、慢性の下痢、多産、力み過ぎ
    症状 気虚証の症状に加え、昇挙無力の症状 腰腹部の墜脹感、頻繁な便意と慢性的下痢、胃下垂、脱肛、子宮下垂、腎下垂等の内臓下垂
    取穴 足三里、太白、中脘、百会、脾兪等
  3. 気滞、気欝(欝滞)
    共通する症状 脹痛、遊走性の痛み、噯気や矢気で症状が軽減する。
    ・肝欝気滞

    病因 情志失調
    取穴 太衝、内関あるいは間使、期門、支溝、陽陵泉等
    ・脾胃気滞 

    病因 飲食不節、痰湿、肝気横逆
    取穴 足三里、中脘、内関等
    ・大腸気滞

    病因 便秘、飲食不節
    取穴 天枢、気海、上巨虚等
  4. 気逆
    ・肺気上逆 

    病因 外邪、痰湿、
    症状 咳、喘
    取穴 尺沢、列欠、孔最、天突、風門、肺兪
    ・肝気上逆

    病因 情志失調
    症状 イライラし怒りっぽくなる、冷えのぼせ、頭痛、眩暈、昏厥
    取穴 太衝、丘墟、期門、内関、百会、風池
    ・胃気上逆

    病因 外邪、食滞、肝気犯胃
    症状 悪心、嘔吐、噯気、吃逆
    取穴 足三里、中脘、内関
  5. 気脱、気閉
    ・気脱

    病因 大量の発汗、出血、激しい下痢、慢性病、中風
    症状 浅呼吸、顔面蒼白、四肢厥冷、玉のような自汗、昏倒、中風の脱症
    取穴 関元、気海、神厥への灸、足三里、合谷
    ・気閉 

    病因 外邪(穢濁の気、熱邪)、強い情志失調、深刻な気欝、中風
    症状 閉厥(外邪による)、昏厥(情志失調)、呼吸急促、中風の閉症
    取穴 井穴、十宣(中風の閉証)、人中、百会、内関、合谷、豊隆、太衝

 

2 火邪(熱邪)による外感病の治療

  1. 火邪(熱邪)は、外淫の火熱邪と内火(内熱)に分類される。外淫の火熱邪には風熱、暑邪、湿熱等がある。
    また、外感温熱病は衛気営血弁証に従って治療できるが、臓腑弁証と衛気営血弁証は異なる弁証スタイルであるが、衛気営血弁証の4段階に、一定程度、相応する臓腑弁証があり、かなりの程度まで、共通した取穴ができる。
  2. 風熱表証あるいは衛分証
    共通する症状 発熱、発汗、軽度の悪風悪寒、面紅、頭痛、口渇、咽喉痛、咳、脈浮数
    取穴 井穴、栄穴、大椎、曲池、合谷、列欠
  3. 熱邪壅肺あるいは気分証
    共通する症状 高熱、悪熱、口渇、大汗、咳喘、黄色い粘い痰、便秘、尿赤、脈沈滑数、舌質紅苔黄燥
    取穴 魚際、尺沢、合谷、曲池、大椎、肺兪、豊隆、内庭
  4. 熱入心包あるいは営分証
    共通する症状 身熱、口乾するが口渇はない、心煩、心神不安、不眠、意識障害、譫語、脈細数、舌質紅こう
    取穴 栄穴、内関、人中、三陰交、復留
  5. 血熱動風(熱極生風)あるいは血分証
    共通する症状 吐血、衄血、血便、血尿、手足の痙攣、角弓反張、意識障害、燥動、五心煩熱、潮熱、脈細促、舌質紫こう
    取穴 栄穴、太衝、内関、人中、曲池、大椎、三陰交、復留
  6. 暑邪 
    症状 暑熱邪 高熱、大汗、面赤、煩渇、昏厥、四支痙攣、脈洪数
    (暑)湿邪 四支倦怠、胸悶、食欲減退、下痢、舌黄膩苔
    気、津液の損耗 口渇、気短、四肢無力、乏力、脈細無力
    取穴 暑熱邪 井穴、栄穴、曲池、大椎、内関、曲沢、人中
    (暑)湿邪 内関、陰陵泉、足三里あるいは豊隆、中脘
    (暑邪による気、津液の損耗には、足三里、復留あるいは三陰交の補法)

 

内火(内熱)の治療

内火(内熱)は、五志化火(気鬱化火)、飲食不節による湿熱、胃熱、邪欝化火(六淫邪気、痰湿、瘀血の長期の欝滞)、陰虚内熱、陰虚陽亢がある。

  1. 情志失調による五志化火
    ・肝火上炎

    症状 眩暈、頭痛脹痛、のぼせ、目赤、易怒、イライラ感、口苦、口乾、耳鳴り、季肋部痛脹痛、舌紅、苔黄、脈弦数
    取穴 行間あるいは太衝、期門、風池、百会
    ・心火上炎 

    症状 心煩、不眠、口渇、面紅、排尿時痛があり赤く濁る、舌に瘡ができ糜爛する、舌尖紅こう、脈数有力
    取穴 神門、内関、心兪
  2. 飲食不節(脂っこいもの、甘いもの、味の濃いもの、辛いもの、酒)による熱化
    ・胃熱 

    症状 胸焼け、胃の灼熱感、冷飲を好む、消穀善飢、歯周炎、口臭、便秘
    舌紅、苔黄、脈滑数
    取穴 内庭、中脘、足三里、内関
    ・脾胃湿熱 

    症状 胃脘腹部のつかえ、身体が重だるい、下痢、小便短赤、身熱、皮膚瘙痒、舌紅、苔黄膩、脈滑数
    取穴 陰陵泉、太都、内庭、足三里、中脘
  3. 邪鬱化火
    ・六淫の火熱邪が入裏したもの、あるいは六淫の風邪、寒邪、湿邪が入裏した後、欝して化火することがある。
    取穴 栄穴、曲池、大椎、(湿熱邪には陰陵泉を追加する。)
    ・痰湿、瘀血が長く欝滞すると化火し、湿熱、血熱になることがある。
    取穴 湿熱 陰陵泉、豊隆、中脘、中極、栄穴
    血熱 三陰交、血海、膈兪、栄穴
  4. 陰虚内熱あるいは陰虚陽亢
    ・房事過多により精、陰液を損傷し、陰虚内熱になる。
    ・邪熱により陰液を損傷し、陰虚内熱になる。
    ・気鬱化火により陰液を損傷し、陰虚内熱になる。
    ・五志化火により陰液を損傷し、陰虚内熱になる。
    ・老化や慢性病により陰虚内熱が進行する。
    取穴 復留、(照海、三陰交、大谿、腎兪、栄穴、太衝を追加取穴してもよい)

 

4 血病の病因、症状、取穴

  1. 血虚証
    病因 脾胃虚弱による気血生化不足、大量の失血、七情過度、過労による血の損耗
    症状 顔面蒼白あるいは萎黄、舌また唇色淡白、頭暈、目のかすみ視力減退、心悸、不眠、手足の痺れ、筋肉の痙攣、経血減少、色淡、経期の遅れ、あるいは閉経、脈細無力
    取穴 三陰交、(血海、膈兪、脾兪、胃兪、足三里を追加取穴してもよい)
  2. 血瘀証
    病因 情志による内傷(肝欝気滞瘀血)、外傷、気虚、気滞、寒邪、熱邪、津液の損耗
    症状 刺痛、固定痛、腫塊、拒按、シビレ、麻痺、経血の紫暗色の血塊、生理前、初期の生理痛、心悸、舌紫暗瘀点瘀斑、脈渋弦結
    取穴 三陰交、血海、膈兪、合谷、太衝、(合谷、足三里の補法と三陰交の瀉法 気虚瘀血)
  3. 血熱証
    病因 外感火熱邪、五志化火等による臓腑の火熱、飲食不節による火熱邪が血分に影響
    症状 衄血、喀血、吐血、血便、血尿、崩漏、斑疹等の出血、舌紅こう、脈数有力
    取穴 三陰交、(血海、栄穴、大椎、曲池、行間あるいは太衝を取穴してもよい)
  4. 血寒証
    病因 寒邪による寒凝気滞
    症状 手足、少腹部の冷痛、皮膚は紫暗色、生理は遅れ、経血は紫暗色で血塊がある、舌暗淡、脈沈遅渋
    取穴 三陰交、血海、太衝、関元や局所に針の瀉法と灸

 

5 津液不足、痰湿の病の病因、症状、取穴

  1. 津液不足
    病因 飲食不節による生化不足、労倦、火熱邪、燥邪による津液の損傷、大汗、尿崩、嘔吐、下痢
    症状 口渇、鼻、口唇、咽喉の乾燥、嗄声、皮膚の乾燥、煩燥、小便短少、便秘、舌紅燥、脈細数
    取穴 復溜、大谿、三陰交、肺兪
  2. 脾虚生湿(痰)、痰湿困脾、腎虚水ぼう、湿邪による痺証(着痺)、風寒邪による肺失宣降  
    ・脾虚生湿(痰)

    病因 飲食不節、過労等による脾陽不足
    症状 食欲不振、下痢、浮腫、小便不利、倦怠感、身体が重い、舌白苔、淡胖大、歯痕取穴 足三里、太白、陰陵泉(先瀉後補)、脾兪
    ・痰湿困脾

    病因 湿邪、飲食不節(甘いもの、冷たいもの、生もの、脂っこいものの取り過ぎ、酒の飲み過ぎ)
    症状 胃脘部のつかえ、食欲減退、下痢、頭重、四支の倦怠と重だるさ、舌白膩、脈  滑
    取穴 陰陵泉、足三里、中脘、内関
    ・腎虚水ぼう

    病因 先天不足、老化、房事過多、慢性病による腎陽虚
    症状 浮腫(下肢に現れやすい)、小便の回数、量の減少、腰の重痛、動悸、息切れ
    取穴 水分、関元(針灸)、中極、腎兪(針灸)、三焦兪、三陰交、太谿
    ・痺証(着痺)

    病因 湿邪
    症状 四支の関節の重痛、麻木、固定痛、雨天に増悪
    取穴 陰陵泉、足三里、五兪穴の兪穴、局所に針と灸(病位が骨にあるリュウマチには灸は必須)
    (陽気不足で寒湿不化を伴う場合は関元に灸、大谿に針の補法を追加)
    ・風寒邪による肺失宣降

    病因 風寒邪
    症状 悪風悪寒、眼瞼浮腫、主に上焦の浮腫、倦怠感と重だるさ、小便不利、咳、無汗、取穴 列欠、合谷、風門、大椎(針、灸)、陰陵泉

 

6 陰虚、陽虚の病の病因、症状、取穴

  1. 陰虚
    病因 先天不足、老化、房事過多、邪熱、五志化火、慢性病
    症状 腰の虚痛、足腰の無力、遺精、耳鳴り、五心煩熱、頬部紅潮、盗汗、咽乾、舌紅、少苔、痩薄、裂紋、脈細数
    取穴 復溜、腎兪、(照海、大谿、三陰交、気海を追加取穴してもよい)
  2. 陽虚    
    病因 先天不足、老化、房事過多、慢性病
    症状 足腰の重痛無力、畏寒、冷え症、精神萎縮、陽痿、不妊症、小便不利、尿失禁、浮腫、水様性の下痢、舌淡胖大、白苔、脈沈無力
    取穴 大谿、関元(針灸)、気海、命門(灸)腎兪

 

■ページトップ≫

■白川治療院のページ≫

 

 

ランキングに参加してます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

にほんブログ村

 

 

 


 

 

白川治療院
【住 所】中央区新富2-4-8東ビル2F
【予約・お問合せ】03-6228-3395
【診療時間】10時~12時 2時~6時
【休診日】木曜日、日曜日、祭日
【交 通】
有楽町線新富町駅3番出口を出たところ
日比谷線築地駅4番出口から徒歩4分

気の流れを整える調気の考え方で、安定した精神・思考・身体状態を実現 病院で異常なしと言われたが辛くてたまらない人、自分の病気を納得できるように説明してもらえなかった人、効果的な治療法がないと言われた場合は、医学体系の異なる中医学による鍼灸治療を一度試してみてください。