白川治療院

治療の流れ

病院で、異常なしといわれたが、つらくてたまらないという人や、自分の病気をトータルに分かってもらえないというような場合や、効果的な治療法がないという場合は、医学体系が異なる中医学にとっては、意外に、得意分野の病気ということになることがあります。このようなケースで悩んでいる人は、一度、当治療院に、ご相談ください。 針治療は、怖いとか、いやだという人には、針を使わずに、耳ツボに漢方薬に使う小さな植物の種をバンソウコウで貼り付ける治療法や、独自の手技療法などで針治療に代って、全身の病気の治療を効果的に行うこともできます。

鍼治療は、通常、頭部をを中心に、時には、手足に治療しますので、靴下を脱いでもらうこともありますが、治療のために着替えるほどの必要はありません。
治療時間は、1時間位を予定しておいてください。

当院では初めに簡単な問診票を書いていただいています。
その後は下記のような流れになります。

1.カルテ作成
カルテに、名前、住所、主訴、病歴等を記入します。

2.治療コースの相談
症状や、ご希望を相談し治療コースを決めます。
・鍼治療を中心にしたコース
・耳ツボ療法、手技療法コース
・美容コース

3.中医学的診断
脈診、舌診、問診、経絡診等による中医学的診断をします。

4.治療方法を適宜、選択します。
鍼治療コースは主訴や症状、体質によって、治療方法を適宜、選択します。 通常の治療法は、イスに座った状態で、頭部、手背のツボに刺鍼して治療します。通常は、服装はそのままでも治療できます。
耳ツボ療法手技療法は座ったままで、または、ベットに横になって行います。 通常は頭に軽く数本鍼をした後、調気手技を行います。 鍼治療はコワイ、痛いかも…と感じる方は、マッサージやリラクゼーションとは異なる、中医学的弁証論冶と補瀉手技に基づいた治療目的の手技療法をおこないます。
美容コースは、表情、美顔、美乳、痩身、体型等あらゆることが治療対象になり、同時に一括して治療することも可能な場合があります。 顔面部や局所には、ほとんど刺針することなく、頭皮鍼治療や調気手技両方、手足への遠隔取穴で治療します。